ブッシュクラフト入門!(モーラナイフ)

EVENT, FEATURE

GO OUT MUSIC CAMP 2017で

アンプラージュさんのブースが熱かったですね〜!

完全に個人的にですけど!

 

アウトドアの醍醐味の一つに焚火は欠かせないですね。

焚火をするには当たり前ですが「火」が必要ですよね。

その火を着火剤など使わないで起こすのが、たまらないんです!!

 

ナフ一つで、自然にある物をいかして「テント」や「テーブル」「椅子」

など居住スペースをミニマムに作る「ブッシュクラフト」その入門はやはり

「ナイフ」で「火」を起こす!

これですね。

今回は、アンプラージュさんが取り扱っている(近々TopbananaBASEにて扱う日も近い!)

モーラナーフでの実演を撮らせていただきました!

災害時にも役に立つ!ナイフとファイヤースターターでの着火を是非御覧ください。

 

 

Mora of Sweden

スウェーデン中部のモーラ地方は昔から痩せた土地で農作物があまり取れなかったので、豊富にあった木材と鉄を利用して家具などが盛んに作られ、作業に必要な道具としてナイフも作られるようになりました。1600年頃には切れ味の良いナイフが作られることで有名な地域となり、1891年にモーラ―地方の郊外でモーラナイフが設立されました。職人たちの手で伝統的に受け継がれてきた丈夫な刃造りの技法で生み出された刃と握り易いグリップを量産して組み合わせることで質の高いナイフを生み出すことに成功。赤い樺材で作られた印象的なグリップのナイフは現在でもナイフと言えばスウェーデンの多くの人がこのクラッシックモーラナイフを想いうかべる程、シンボル的な存在になりました。
2005年には系列の2つの会社が合併しMora of Swedenとしてさらに最新のテクノロジーを加えた幅広いラインナップのナイフを製造し続けており、その品質はスウェーデン国王からも高い評価を受け、スウェーデンを代表するメーカーのみに与えられる王室御用達の認定を受けています。